会社概要

商号 三和工機株式会社
代表者 代表取締役 堀内 清隆
所在地

< 本社および本社工場 >
〒639-1107 奈良県大和郡山市若槻町 7 番 1 号 
TEL : (0743) 53-1191 FAX : (0743) 55-0304

<営業部> <技術部>
〒639-1107 奈良県大和郡山市若槻町 7 番 1 号
TEL : (0743) 53-1356 FAX : (0743) 55-0348

創業 1971 年 4 月 10 日
法人成 1972 年 10 月 1 日
営業品目 メカニカルシール及びその部品、付属品の設計・製造・販売、修理。
ポンプの部品、及びその他各種産業機械用器具類の設計・製造・販売。
資本 資本金: 1,000 万円
授権資本: 2,000 万円
資本総額: 11,500 万円

沿革

1971 年 前会長堀内惟次郎が、現本社所在地にステンレスバルブの加工組立専用工場として三和工機(個人会社)を設立。
1972 年 3 月 21 日、三和特殊製鋼株式会社 ( 現 : 三和ハイドロテック株式会社 ) のメカニカルシール部門を三和工機に移設。
バルブ組立からメカニカルシール製造に事業転換。
10 月 1 日、三和工機を法人化。
1973 年 4 月、需要増加に伴い、本社工場を拡張。
1974 年 10 月 1 日、三和グループの各営業部門を独立・統合させた三特商事株式会社の設立に際し、当社の営業部門も参加。
以後、三特商事 ( 株 ) を総代理店とし、営業を委嘱。
1985 年 10 月、三次元測定器、画像測定器等のシール検査機器の拡充、完備
1990 年 4月、NC機、MC機等の省力化設備完備
1997 年 1 月、三特商事株式会社にメカニカルシール拡販部を創設。OEM 営業活動を開始。
5 月、技術部を強化して、新製品の開発・OEM への対応体制を整備。
2000 年 6 月、三特商事株式会社メカニカルシール拡販部を当社に統合。
2001 年 5 月、本社工場(郡山)に営業部門を設置し、総販売元・三和ハイドロテック ( 株 ) の営業活動に協力する体制を 構築すると共に、営業活動の範囲を拡大する体制を整備。
2004 年 9 月、事務所を新築し、営業、技術部門を拡充
2006 年 2月、堀内 清隆(現代表取締役)が三和工機株式会社の代表取締役に就任
2008 年 3月、メカニカルシールテスト棟を新設
4月、NC立軸円テーブル形平面研削盤を更新
2010 年 12月、1サドルCNC旋盤を更新
2011 年 3月、インテリジェント複合加工機を更新
2013 年 4月、三和ハイドロテック(株)内に営業開発部を開設し、営業体制を強化
9月、画像測定器を更新
2016 年 6月、営業開発部を閉設、営業部に統合して、営業体制を強化。
10月、創立44周年を機に、新工場を設立し業務拡大の体制を整備、強化
10月、1サドルCNC旋盤を更新
TOP