回り止め・トルク伝達

固定環・回転環、スプリングとその保持部品、金属べローズの構成部材などは、それぞれ流体容器との回り止めや、回転トルクを伝達するための手段が必要です。

ピンによる方式が一般的ですが、クラッチによる方式、パッキンの摩擦力による方式、スプリング自体による方式など、運転条件・サイズなどに適応できるよう、さまざまなタイプが開発されています。

TOP