シングル形とダブル形 & タンデム形

1 組の固定環と回転環による摺動面でシールする方式をシングル形と呼び、特別な使用条件以外ではほとんどがこのタイプです。

これに対して、スラリーや危険性(有毒、引火性など)のある流体・高真空仕様など、1 組の摺動面だけのシール性能では不安定な場合には、2 組の摺動面をもつ方式が採用されます。

ダブル形は、一般的に2 つのシールの間にエキスターナル流体(緩衝液)を注入して密封・冷却効果を得る必要があります。

TOP